2024年度(令和6年)通常総会・講演会・懇親会を開催

2024年度(令和6年)通常総会・講演会・懇親会を開催

一般社団法人日本オートケミカル工業会(JACA)は、2024年5月17日(金)、東京都新宿区のホテルグランドヒル市ヶ谷において2024年度(令和6年)通常総会・講演会・懇親会を開催した。
2024年度事業計画は、労働安全衛生規則等への対応支援、メルマガ配信、関連団体との交流、実態調査および部会活動、また新たな取り組みとして、海外情報の共有、表彰制度、認証・認定制度、SDGs、カーボンニュートラルに関する会員各社の取り組み状況の共有など、満場一致で承認された。

挨拶に立った小澤学理事長は「当工業会が取り組むべき課題は、昨年来の流通や認証における不祥事などにより失われた自動車関連業界の信頼回復がひとつ。もとひとつは先月施行された労働安全衛生規則の改正にあたって最新の正しい法解釈も含め、共有化し、管理者講習の提供などで会員企業様を支援させていただいたが、今後は日常管理としての定着や年々増えていく対象物質への適切な対応など引き続きサポートしていくこと」と挨拶した。
なお総会終了後は株式会社エーアイスクエア代表取締役社長の石田正樹氏による講演会が行われた。テーマは「生成AI(ChatGPT)と経営」。その後は経済産業省製造産業局素材産業課の新田渉課長補佐、同自動車課の戸塚悠二課長補佐、オートアフターマーケット活性化連合の住野公一代表、全国自動車用品工業会の菱田保之理事長ら臨席のもと、懇親会が開催されました。


懇親会の席上挨拶するJACAの小澤理事長


来賓挨拶を行った経済産業省製造産業局素材産業課の新田課長補佐


経済産業省製造産業局自動車課の戸塚課長補佐


乾杯の発声を行ったオートアフターマーケット活性化連合の住野代表


中締めの挨拶を行ったJACAの呉トーマス副理事長


「生成AI(ChatGPT)と経営」をテーマに講演した株式会社エーアイスクエアの石田社長

このページの先頭へ